精神疾患遍歴
幼稚園児 給食日の通園を拒む。
「〜出来なかったらどうしよう・・・」という不安を覚える。
小学3年生 担任との折り合いがうまくいかず精神的に不安定になる。
小学4年生 摂食障害になる。
登校拒否をする。
初めて発作を起こす。(記憶するところの)
会食恐怖症になり外食が困難になる。
小学5年生 摂食障害により給食時間前になると頻繁に保健室に行くようになる。
自宅での食事が摂れなくなる。
小学6年生 発作が起こりやすくなる。
高校3年生 発作が日常的なものとなる。
登校拒否をする。
完全に外食が出来なくなる。
電車に乗れない日がある。
人とすれ違うだけで苦痛を感じる。
バイトをするも、発作が苦痛なため5日で辞める。
大学1年生 友人の両親が営む解体業のバイトをするも、発作のため2日で辞める。
発表のある授業は休みがちになり、結果、単位取得不可能となる。
大学2年生 インターネットにて行動療法を知り実行する。
病状がますます悪化する。
大学3年生 病気に気付いた友人が通院と両親の告白を勧めるも拒否する。
就職合同セミナーに参加する事がままならず、ついに両親に病状を告白をする。
心療内科にて潜在的鬱病・自律神経失調症・神経症と診断される。
大学4年生 病気の早期完治が不可能なため、就職活動を断念。
両親の勧めで初めて海外旅行に行くも、発作に苛まされる。
近所の運送会社にてバイトを始めるが、ストレスによりバイト中に頻繁に発作を起こす。
大学4年生(就職浪人中) バイトにて所長といざこざを多々起こし、ストレスが限界に達し半年で辞める。
病気の回復を待てず、卒業し無職の身となる。
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー